映像のまち構想や映像のまち推進課の活動内容などをご紹介。

映像のまち構想とは

  ■足利市の取り組む「映像のまち構想」とは
   映像という視点をまちづくりに活かし、地域を活性化させようとするものです。 
 

 
1.映像
◇映画 ◇ドラマ ◇CM ◇プロモーションビデオ ◇ネット配信動画 など
  映像作品をつくるためには撮影が必要です。 

 
2.撮影
◇下見 ◇移動 ◇食事 ◇宿泊 ◇物品購入 ◇公開・放送
  撮影隊はだいたい50人。撮影が行われ、作品が公開されると様々な効果が!

 
3.効果
◇経済効果 ◇知名度UP ◇イメージUP ◇観光誘客 ◇関連イベント
  1、2、3のサイクルが好循環することによって、街も元気に! 関連する企業も集まってきて・・・

 
4.目的
◇地域経済活性化 ◇新産業集積

   映画館、ポストプロダクション(編集作業をするスタジオなど)、車輌会社、機材会社、倉庫、教育機関、スタジオなど

  • 一覧に戻る