映像のまち構想や映像のまち推進課の活動内容などをご紹介。

映像制作における足利市の特色

東京から車で約90分という立地の優位性を有しています。
◇映像関係者の大部分が東京に集中しており、映像制作費削減の観点からも撮影地として適しています。
 
豊かな自然や古き良きまちなみ、また多くの公共施設など、質の高いロケ先を有しています。
◇織姫神社や足利学校、北仲通り、旧足利西高校など撮影実績のあるロケ地が多々あります。
 
制作側のニーズに見合う撮影環境の提供及びサポート体制を備えています。
◇ロケ地の案内やエキストラ、ロケ弁当など多種多様のサポートを行っています。
 
本市出身の映像関係者とのネットワークの強化など、撮影誘致と併行した映像によるまちづくりを推進しています。
◇足利銀幕会議・映像のまちフォーラム・映像まつりなどを予定しています。
 
これまでの撮影実績に根ざした市民ボランティア(エキストラ、幅広い撮影サポートなど)及び地元企業による協力体制を構築。
◇皆さまからの協力が得られますよう、映像のまち構想を推し進めていきます。

  • 一覧に戻る