映像のまち構想実現に向けた職員の日々の活動記録。

〜映画『今夜、ロマンス劇場で』〜ロケ地めぐりバスツアー


足利市がメインロケ地となり、現在大ヒット上映中の映画『今夜、ロマンス劇場で』ロケ地巡りバスツアーを2月25日(日)に開催しました!
 
受付開始20分で定員40名の予約がいっぱいとなり、その後も問い合わせが殺到し、開催前から期待の高さをビシビシ感じておりました。
 
開催当日、参加者の過半数の方が足利初訪問で、全国各地からはるばるお越しくださいました。一番遠い方はなんと京都から。
 
今日一日をより一層楽しんで頂けるよう、まずは参加者全員を市内の映画館「ユナイテッド・シネマ アシコタウンあしかが 」にお連れし、市内ロケ作品の関連グッズやキャストサインがある「映像のまち推進コーナー」をご案内し、本作をご鑑賞いただきました。
 

 
映画の余韻にたっぷり浸っているうちにみなさんが1番楽しみにしていた舞台の「ロマンス劇場(足利東映プラザ)」へ。
ほんの少し前に観ていた映画の世界観が目の前に現れるとやっぱり感慨深いようで、感嘆の声と共に皆さんたっぷり堪能されていました。あえてこちらから詳細な説明をせずとも、それぞれが劇中場面をイメージできるのは、このツアーの醍醐味ですね。
 



 
お昼は撮影時にキャスト&スタッフが利用したロマンス劇場のお隣で劇中にも登場している釜飯「銀釜」へ
店主から撮影時の貴重な様子も聞くことができ、お腹も心も温まり至福の時間を過ごさせていただきました。
 
続けて向かうのは、「松村写真館」。
こちら劇中では、美雪(綾瀬)と健司(坂口)の2人が記念写真を撮る写真館として登場し、特別に撮影時のスタジオを再現してもらい参加者にも記念撮影をしていただきました。
また写真館裏の住居スペースは健司アパートにもなっており、撮影のために一時増設したセットの様子を写真でお見せしながらご紹介しました。
 


 
続いて、予告編でも鮮やかな藤棚が印象的な「あしかがフラワーパーク」。
残念ながら今の時期藤の花は咲いておらず、劇中のような綺麗な藤棚を見ることは出来ませんでしたが、次の見頃シーズンに来て頂けることを期待して、ロケ場所の雰囲気をお伝えしました。
 

 
最後に向かうは、「トチセン」。
健司が勤める京映撮影所として会社の至る場所が劇中に登場しています。
ここでは社長自らツアーの案内役を買って出て頂き、ロケ・会社・文化財まで丁寧かつ軽快にご説明頂き、大いに盛り上がりました。
 



 
今回のツアー開催にご協力いただきました関係者の皆さん、参加者の皆さん、1日お付き合い頂き本当にありがとうございました!
また、このような企画ができるよう「映像のまちあしかが」を盛り上げていきますので、引き続きご理解ご協力宜しくお願いいたします!!

  • 一覧に戻る