映像のまち構想関連イベントやその様子をご案内。

全編足利ロケ!映画『ディアーディアー』 特別先行上映会を開催しました!!(終了)

☆たくさんの方々にご来場いただきまして、ありがとうございました!


 
モントリオール世界映画祭正式出品!
 
昨夏、全編足利市内で撮影された名助監督・菊地健雄の長編デビュー作『ディアーディアー』が公開に先駆けて
故郷・足利で特別先行上映されます!
 
☆菊地健雄監督 舞台挨拶予定☆

 

(C)2015オフィス桐生
 
≪あらすじ≫
 山あいの長閑な町。この地にかつて「リョウモウシカ」と呼ばれる幻のシカが居たという。シカを発見した三兄妹は一躍時の人となるが、やがて目撃は虚偽とされ、三人には「うそつき」というレッテルが貼られる。それから二十数年後、三人は別々の人生を歩んでいた。父危篤がきっかけで久々に再会する三人だが、葬儀中に騒動が巻き起こる。再び岐路に立たされた三兄妹の行く先は・・・・・。
 
≪出演者≫
 中村ゆり 斉藤陽一郎 桐生コウジ / 染谷将太 菊地凛子 ほか
 
≪ロケ地≫
 中山工作所、宗泉寺、足利商工会議所、今井病院、栗田美術館、両崖山 ほか
 
◇菊地健雄(きくち・たけお)
 1978年生まれ、栃木県足利市出身。映画監督。映画美学校在籍中に瀬々敬久監督に誘われ助監督となる。助監督としての参加作品は『ヘブンズ・ストーリー』(10/瀬々敬久監督)、『かぞくのくに』(12/ヤンヨンヒ監督)、『恋に至る病』(12/木村承子監督)、『シミラーバットディファレント』(13/染谷将太監督)、『ドライブイン蒲生』(14/たむらまさき監督)『岸辺の旅』(15/黒沢清監督)など多数。チーフ助監督を務めた『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』(11/瀬田なつき監督)のスピンオフ企画『episode.0 回遊と誘拐』では監督も務めた。今年、満を持しての長編映画初監督作『ディアーディアー』が公開予定。
 

日時:平成27年9月22日(火曜日・祝)/午後2時、午後7時
 
           23日(水曜日・祝)/午後2時、午後7時

会場:市民プラザ 文化ホール(定員 800人)
 
料金 【前売券】1,000円  【当日券】1,200円
 
◇小中学生は無料です。(未就学児入場不可。託児サービスを希望の方は9/13までに市民プラザへ)    
 
◇8月17日(月曜日)から市民会館、市民プラザ、阿部書店、イイノ楽器、石井ピアノ、岩下楽器、オンダ楽器、プラザハマダで販売します。
 
★☆★ お問い合わせ:市民プラザ 電話 72-8511 ★☆★

 


東京でも公開決定!! 足利で捕獲されたシカも展示されています。
 
☆テアトル新宿 (電話 03-3352-1846)
 
10月24日(土曜日)~11月13日(金曜日) レイトショー上映
 
特典付き特別鑑賞券 絶賛発売中!
■特別鑑賞券: 1,300円(税込)
特典 : 『ディアーディアー』オリジナル シカせんべい(数量限定)
■当日料金
一般・大学・専門1,500円/高校生以下1,000円/シニア1,100円
※各種割引適用可
※株主優待券初日二日目(土・日)のみ使用不可

 
 

  • 一覧に戻る