映像のまち構想実現に向けた職員の日々の活動記録。

H29.3.31「平成28年度最終日」


明日から4月となり平成29年度に突入します。
進学や就職、異動や転勤など環境が大きく変わり、新たな気持ちでスタートする方も多いのではないでしょうか。
 
映像のまち推進課も週明けから新体制となり、また新たにスタートするわけですが、
今週末もまた撮影が予定されており、28年度最終日の本日も慌ただしく動き続け、一年をゆっくりと振り返る余裕はなさそうです。
 
平成28年度の撮影実績や経済効果につきましては、また改めてご報告したいと思いますが、今回は平成28年度に全国公開された市内ロケ作品のポスターを事務所に並べてみました。
 

 
『ちはやふるー下の句ー』(4月29日公開)
『64-ロクヨン- 前編/後編』(前編5月7日、後編6月11日公開)
『団地』(6月4日公開)
『金メダル男』(10月22日公開)
『湯を沸かすほどの熱い愛』(10月29日公開)
『オケ老人!』(11月11日公開)
『幸福のアリバイ~Picture~』(11月18日公開)
『アズミ・ハルコは行方不明』(12月3日公開)
『破門 ふたりのヤクビョーガミ』(1月28日公開)
『恋妻家宮本』(1月28日公開)
『一週間フレンズ。』(2月18日公開)
『ハルチカ』(3月4日公開)
『ひるなかの流星』(3月24日公開)
 
13作品もの映画が今年度全国公開されました。
 
日本アカデミー賞作品から現在公開中の話題作まで本当に沢山の作品に携わらせていただき、
 
撮影隊や全国のみなさんにも少しずつではありますが足利を知ってもらえる機会が増えてきていると実感しております。
 
平成29年度公開予定作品も続々と決定し始め、また皆さんに楽しんで頂ける一年になると予感しています。
 
来年度も色んな形で皆さまと一緒に「映像のまちあしかが」を盛り上げて行きたいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします!

  • 一覧に戻る