映像のまち構想や映像のまち推進課の活動内容などをご紹介。

映像のまち推進課について

◆映像のまち推進課は、「映像のまち構想」を推進するための施策を実施する組織で、主に以下の業務を行っています。
 
1、「映像のまち構想」の周知・啓発
  出前講座の実施、足利銀幕会議の運営、映像のまちフォーラムの開催など。
 
2、映画やドラマなどの撮影支援  
  充実したサポート体制で円滑な撮影を。ロケ場所、エキストラの方々、関わった全ての人の「良かった」を目指します。
 
3、撮影から地域経済の活性化へ  
  撮影にはロケ地使用、宿泊、機材、ロケ弁、差し入れなどが伴います。市内業者を活用いただくことで地域経済の活性化を図ります。
  また、撮影した作品の広報と連携して、広く足利市のPRに努めます。
 
4、映像や撮影作品を活用したイベント等の実施  
  あしかが映像まつり、宮本まさ江衣装展、撮影作品の上映会開催など。
 
5、映像に関する拠点施設の研究・検討
  映像に関する施設の誘致や整備に関して、調査・研究・検討を行います。
 
 

  • 一覧に戻る