映像のまち推進課からロケ情報や映画公開情報などをお知らせ。

市内で撮影が行われた映画『ブルーハーツが聴こえる』公開決定!


『ブルーハーツが聴こえる』
ⓒTOTSU、Solid Feature、DAIZ、SHAIKER、 BBmedia、 geek sight
ザ・ブルーハーツ結成30周年を記念して、制作がスタートした全6本からなるオムニバス映画『ブルーハーツが聴こえる』。
1995年に解散した伝説のバンド「ザ・ブルーハーツ」。シンプルかつストレートな楽曲は、今なお多くの人の心に鳴り響いている。
2015年の“結成30年”を機に、6人の監督たちが思い入れのあるザ・ブルーハーツの楽曲を自由な解釈で映像化し、オムニバス映画『ブルーハーツが聴こえる』として誕生しました。監督は飯塚健、下山天、井口昇、清水崇、工藤伸一、李相日の6名。キャストは尾野真千子、市原隼人、斎藤工、優香、永瀬正敏、豊川悦司をはじめ豪華キャスト。それぞれの楽曲ごとに個性があふれる、笑いと涙がつまった6本の短編からなるオムニバス映画となっています。

 
<公開日>
2017年4月8日 新宿バルト9 ほか全国ロードショー
予告編(youtube)
 
<主演>
尾野真千子「ハンマー(48億のブルース)」
斎藤工「ラブレター」
市原隼人「人にやさしく」
優香「少年の詩」
永瀬正敏「ジョウネツノバラ」
豊川悦司「1001のバイオリン」
 
<監督>
飯塚健「ハンマー(48億のブルース)」
井口昇「ラブレター」
下山天「人にやさしく」
清水崇「少年の詩」
工藤伸一「ジョウネツノバラ」
李相日「1001のバイオリン」
 
オムニバスの1作品「ラブレター」(主演:斎藤工/監督:井口昇)はオール足利ロケ作品!
◆ストーリー
脚本家の大輔は、自身の高校時代を書き綴るうちに当時にタイムスリップしてしまう。
片想いの相手であり、亡くなったはずの美少女・彩乃と再会した大輔は、彼女を再び死なせまいと奮闘するが...
可笑しくも泣ける初恋ファンタジー。
◆キャスト:斎藤工 要潤 山本舞香
ⓒDAIZ
ⓒDAIZ

  • 一覧に戻る